ECN口座のスプレッド・手数料の安さは群を抜く!中堅のスキャ向きブローカー

No.12
Tradeview

tra2

運営部評価
点数 2.6
総口コミ数 9件
ライセンス CIMA/ケイマン諸島
最大レバレッジ 200倍
追証 なし
ドル円スプレッド 0.0pips~(変動制)

最近になって日本人トレーダーからじわじわ注目を浴びつつある、遅咲きの中堅ブローカーTradeview(トレードビュー)。

  • 海外FX随一の低スプレッド・低コスト
  • スリッページなしの高速約定
  • 最大レバレッジ200倍で追証なし

この3つの特徴を兼ね備えたECN口座(ILC口座)を引っさげ、2016年~2017年にかけて本格的に日本市場に上陸しました。

結論からいうとTradeviewは「スプレッド・取引コストを命の次に重要視する熟練スキャルピングトレーダー」にはかなりおすすめです。

口座に数十万円入金して、100倍~200倍のレバレッジ運用コツコツ利幅を抜くような取引スタイルならTradeviewがビシっとはまります。

Tradeviewの口座開設はこちら

【画像つき】Tradeviewの口座開設方法はこちら

【反対に…】

  • 400倍~ハイレバ運用ギャンブルチックな短期売買がメインのトレーダー
  • 1日数回しか取引しないようなデイトレーダー(もしくはスイングトレーダー)

この2タイプのトレーダーにとって、Tradeviewを利用するメリットはありません()。

ギャンブルチックな超ハイレバスキャならTitanFX、デイトレならXMで取引するのがベストな選択です。
上記2口座をまだ持ってない人は下記のページを参考にしてください。

参考記事①:XMの評判は?レバレッジ、約定力などの詳細スペックレビュー
参考記事②:TitanFXの評判!業界最狭スプレッド業者の実力とは?

TradeviewのILC口座(ECN)全貌と各スペックに対する所感

Tradeviewの取引口座(ILC口座)の口座スペックは以下の通りです。

口座通貨 USD / EUR / GBP / JPY
最大レバレッジ 200倍
ロスカット水準 証拠金維持率100%以下
スプレッド ドル円0.0pips~
取引手数料 往復取引0.5pips
約定方式 ECN方式
約定力 スリッページ・リクオートなし
取引サーバー EQUINIX(エクイニクス)
取引プラットホーム MT4/cTrader/Currenex
※全てスマホ・タブレット対応
ボーナス なし
初回最低入金額 1000ドル(10万円~)
最低取引枚数 0.1lot(1万通貨)
最大取引枚数 制限なし

ECN方式とは、取引にブローカーのディーラが関与しないNDD方式の1つで、

  • 注文がFX市場(インターバンク)に直接流れるから取引の透明性が高い
  • 業者がマークアップしていない「本物の市場レート」で取引できる
  • スプレッドが激狭(別途取引手数料が発生)

という特徴があります。(参考:ECN方式って何?通常の注文方式【STP方式】とは何が違うの?

以下で各項目について、詳しく掘り下げていきます。

Tradeviewの口座開設はこちら

【画像つき】Tradeviewの口座開設方法はこちら

スプレッド・取引手数料について―取引コストの安さは海外FX随一

スプレッドの狭さ、取引手数料の安さでは今まで取引した口座史上Tradeviewの右にでるブローカーはいません

Tradeviewのリアルタイムスプレッド(8月3日の日本時間21時頃、15秒間録画)

上記は日本時間21時のリアルタイムスプレッドを15秒間録画したもの。

例えばドル円の動きを追ってみると0.2~0.3pipsで推移しているのがわかります。

これだけ狭いスプレッドレートを配信しているにもかかわらず、取引手数料も海外FXブローカーの中で最安値を記録しているのもポイント。

【各海外FX業者ECN口座の取引手数料比較】

Tradeview 0.5pips
Axiory 0.6pips
TitanFX 0.7pips
LAND-FX 1.0pips
XM 0.7pips
MILTON MARKETS 0.8pips

※取引1回あたりの往復手数料(ドル)をpips換算したものを記載しています。

手数料を加味してもドル円なら取引1回あたりのトータルコストで「0.7pips~0.8pips」しかかかりません。

FX取引の中で「取引コストの安さ」に1番こだわるならTradeviewがおすすめです。

約定力・サーバーについて―ハイスペックサーバーのもと高速約定が実現

実際に2日ほど日本時間で深夜11時~12時の間にガチでスキャルピングしてみましたが、マイナスのスリッページは一度もありませんでした

ECN取引の性質上リクオートがないのはもちろん、滑ることもないので快適なスキャルピングの邪魔をするものはありません。

 

おそらくですが、この高速約定には高スペックな取引サーバーが一役買っているんでしょう。

Tradeviewはメインサーバーに、世界中のヘッジファンド(トレーダーの注文を受ける側)がこぞって利用しているエクイニクス(EQUINIX)社のものを採用しています。

トレーダーの取引サーバーと、受注側の取引サーバーが同じデータセンターにあるからこそ、地理的な通信遅延がほとんど発生しません

Tradeviewの口座開設はこちら

【画像つき】Tradeviewの口座開設方法はこちら

取引プラットホームについて―「MT4」のみならず「cTrader」にも対応しているのは魅力

MT4に対応しているのは「海外FXのスタンダード」的な部分なので、あえて言及は避けます。

特筆すべきはECN取引、ひいてはスキャルピング取引との相性抜群なcTraderが選べること。

市場の注文量は3パターンの板情報で確認できるのに加えて、チャート上から直感的な操作で注文量・ポジション量を調節できます。(参考:スプレッド0.0pips~のcTraderとは?

複数口座開設OK、資金移動自由だから使い分けるのがおすすめ

手動でスキャルピングするならcTrader一択ですが、

  • MT4インジケーターを駆使した取引
  • 自動売買システムを利用したEAスキャ

ならまだMT4の方が向いています。(MT4のEAやインジケーターはそのままcTraderにコピペして使用不可。プログラム言語の書き換えが必要。)

 

ケースバイケースで使い分けできるように、MT4口座とcTrdaer口座を両方開設しておくのがおすすめです。

Tradeviewは複数口座開設OKで、口座間の資金移動もスピーディーに処理してもらえます。

追加口座に関してはTradeviewのマイページから簡単に手続きできるので、口座開設の手間もかかりません。

最低入金額、最低取引枚数について―やや敷居が高い

最低入金額が10万円~、エントリーが1万通貨~なことを考えると、Tradeviewのスタンスとしては「資金なき者、腕なき者は去れ」といったところでしょうか。

海外FX取引に慣れてない人、勝つ自信がない人は大負けするリスクが高いので口座開設はおすすめしません。

エントリー枚数の敷居が高いので、入金額10万円もまたたく間に溶けてしまいます。

冒頭でもお伝えしましたが、Tradeviewは海外FX取引経験豊富でスキャルピングに自信がある人向けの口座です。

信頼性・安全性は高いので、高額入金でも不安がる必要はない

入金額が高いということで「ホントに利益は出金できるのか」「入金した金額を持ち逃げされないか」が気になるところですが、Tradeviewに関しては心配する必要はありません。

というのも、Tradeviewが登録しているのはケイマン諸島のライセンスCIMAです。

【ケイマン諸島とCIMAライセンスについて】

ケイマン諸島は国内銀行の総資産1.5兆円で世界5位の金融大国。

金融取引が盛んだからこそ規制機関CIMAの監視体制は厳しく、証券監督機構(IOSCO)※にも登録している。

※証券監督者国際機構(IOSCO):投資家保護を目的に発足。投資の不正行為を厳しく取り締まる機関

またトレーダーの口座資金に関しては、最大で35,000ドルまで補償する信託保全を用意しています。

今まで悪質な出金拒否の噂を聞いたこともないので、高額の入金でもそこまで不安がることはありません。

最大レバレッジ・ロスカット水準について―資金効率はそこまで良くない

※TradeviewICL口座のレバレッジはデフォで100倍ですが、口座開設後に申請すれば最大200倍まで利用できます。

最大レバレッジ200倍、証拠金維持率100%以下でロスカットということで、実質レバレッジは100倍~150倍くらいの運用になります。

ハイレバエントリーでのアクティブな海外FX取引が好きな人にとって、Tradeviewの資金効率は少し物足りないかもしれません。

ただ上述した「初回入金10万円」のハードルをラクラク越えられるトレーダなら、エントリーポジションの大きさには困らないでしょう。

Tradeviewの口座開設はこちら

【画像つき】Tradeviewの口座解説方法はこちら

Tradeviewのサポート周り・出入金周りの詳細と所感

日本語サポートについて―24時間のライブチャット完備は嬉しい

Tradeviewのサポートデスクには3名の日本人スタッフが在籍しています。

問い合わせ方法は次の2つ。

  • ライブチャット(24時間
  • メール(コールバック対応あり)

電話は英語にしか対応していませんが、24時間対応のライブチャットがあれば問い合わせには困らないでしょう。

レスポンスも早くて数分後にはチャットが繋がるので、Tradeviewのサポート体制はかなり優秀な部類に入ります。

入金・出金方法について―mybitwallet対応で利便性UP

Tradeviewはさまざまな電子決済サービスにも対応しているのが特徴。

特に2017年10月に新しく導入された決済サービスmybitwalletのおかげで、

  • 「クレジットカード入金できない」
  • 「国内銀行振り込みで入金できない」

というネックが解消されました。

「クレジットカード→mybitwallet→Tradeview口座」のようにmybitwalletを経由すれば入金OKなので、入金方法の幅が広がったといえます。

Tradeviewの入金方法

入金手段 手数料 着金までの日数
ビットコイン
(UPHOLD経由)
無料 即日
海外銀行送金 無料 1~2営業日
mybitwallet 無料 即日
銀聯カード 無料 即日
OKPAY 無料 即日
ecopayz 無料 即日

Tradeviewの出金方法

出金手段 手数料 着金までの日数
ビットコイン
(UPHOLD経由)
無料 1~2営業日
海外銀行送金 2000円~ 3~5営業日
mybitwallet 無料 1~2営業日
銀聯カード 無料 1~2営業日
OKPAY 無料 1~2営業日
ecopayz 無料 1~2営業日

※クレジットカードはVisa,MasterCard,JCBの3社に対応しています。

Tradeviewに対する<海外FXジャッジメント>の統括

【Tradeviewで取引する人が満たすべき条件】

  • 取引スタイル:スキャルピング(短期売買)
  • 海外FX経験:中級者~上級者以上

Tradeviewでの取引が向いているトレーダーはかなり限られてしまいますが、上記のトレーダーにとってこれほど心強いブローカーはありません。

取引コストの安さ約定のスピード・安定性海外FXTOPクラスなのは間違ないので短期売買にはもってこいです。

TitanFXやAxiory、LAND-FXなどのいわゆる”旧スキャルピング向きブローカー”で取引している人もメイン口座乗り換えの価値は大いにあります。

Tradeviewの口座開設はこちら

【画像つき】Tradeviewの口座開設方法はこちら

Tradeviewの会社情報詳細

会社正式名称 Tradeview Ltd
本社住所 94 Solaris Avenue. Suite 1348 Camana Bay, Grand Cayman, KY1-1108, Cayman Islands
ライセンス CIMA/Cayman(No. 585163)
事業開始 2004年


海外FX業者総合口コミランキング


おすすめ記事

海外FX業者の目的別おすすめ7選!

海外FX業者の目的別おすすめ7選!ジャッジメント運営部が激論の果てに選んだ業者とは!?

ピックアップ記事

  1. supureddo

    2017.06.08

    海外FX業者スプレッドランキング!全16業者中、1番低スプレッド業者はここ!

    FX取引において取引コストにあたるのがスプレッド。 スプレッドが狭い業者で取引することで、取…
  2. FXDDのレビュー

    2015.10.09

    FXDDの評判・スプレッド・追証について独断と偏見で一刀両断!

    このページにたどり着いた方は少なからずFXDDという海外FX業者に興味を持ち、FXDDを口座開設の選…
  3. ichachkuchikomi.pngpre

    2015.09.11

    当サイトの海外FXブローカーの口コミが信頼できる根拠とは?!

    いくら海外FXの業者選びに「口コミ」が参考になるといっても、口コミ自体が質の低いものだったら意味があ…
single-ranking_post.php