ichach

海外FXの入金方法・出金方法、注意点を徹底解説!

※2017年4月12日に「ビットコイン出入金」について追記しております。

海外FX口座とお金のやり取りをするのは、そこまで難しく考えることではありません。

むしろ入金だけなら、国内FXの銀行送金を利用した「クイック入金」よりも便利でスピーディーです。

出金に関しては多少不便な感は否めませんが、注意点さえしっかり理解しておけばそれほどネックになることはないでしょう。

  1. クレジットカード・デビットカード
  2. 国内銀行送金
  3. ビットコイン
  4. 海外銀行送金
  5. 電子マネー

ここでは海外FXで利用できる5種類の入金・出金方法について、仕組みから注意点まで詳しく解説していきます。

①クレジット・デビットカード

海外FXで1番人気の出入金方法。

着金が即時、遅くても1営業日以内にされるので多くのトレーダーが入金・出金にクレジットカードを利用しています。

当サイトで紹介している海外FXブローカーはFBS以外全てクレジットカードに対応しています。

入金反映時間 入金手数料 出金反映時間 出金手数料
XM 即時 無料(XM負担) 24時間以内に処理 無料(XM負担)
Axiory 即時 2万円以上/無料
2万未満/1500円
3日~2週間前後 無料(Axiory負担)
TradersTrust 24時間以内 無料(TradersTrust負担) 3-5営業日 無料(TradersTrust負担)
iFOREX 即時 無料(iFOREX負担) 2~5営業日 2000円※
LANDFX 1時間以内 無料(LANDFX負担) 1~2営業日 無料(LANDFX負担)
FxPro 通常10分以内 無料(FxPro負担) 3-7営業日 無料(FxPro負担)

※10万円以上の出金の場合毎月3回まで手数料無料。

クレジット・デビットカードでの入出金の仕組み

クレジットカード・デビットカードで入金した時の出金ルート

クレジット・デビットカードでの入出金は「ショッピング」と同じ扱いです。

入金はクレジットカードでの買い物したとき、出金は買ったものを返品した時と同じように処理されます。

例えば20万円のバッグを購入したとします。その後バッグが不良品だったのでバッグを返し20万円の入金をキャンセルする。

FXの入出金も全く同じ仕組みです。顧客のクレジットカードからFX業者に資金が入金され、出金は返金扱いでキャンセルされます。

返金扱いなのでクレジットカードでは入金した金額以上を出金できません。20万円の引き落としをキャンセルして25万円受け取れないのと同じです。

 

例えば20万円入金して25万円の出金を申請した場合、

  • 20万円はクレジットカードの支払いがキャンセル
  • 残りの5万円は海外銀行送金で出金(※詳しくは後述しています。)

で出金することになります。

クレジットカード出入金の注意点

買い物と同じですのでショッピング枠の上限以上の入金はできません

基本的にVISA、MasterCard、ダイナースのみ使えます。アメリカンエクスプレス、JCBなどは使用できません

またクレジットカードで入金を行った場合、出金はクレジットカードへの出金が最優先です。

クレジットカードで入金した額を出金しない限り指定の口座に振り込んでもらうことはできません。

②国内銀行送金

クレジットカードでの入金と違い上限なしに振りこむことできる入出金方法です。

国内間での送金手数料なので、手数料は数百円程度と大変リーズナブルなのが特徴。今では多くの海外FX業者が取り入れてます。

国内銀行送金の仕組み

 

銀行窓口やインターネットバンキングからFX業者の指定した国内銀行の口座に振り込む仕組みです。振り込まれた資金がFXアカウントに反映されます。

入金にかかるのは早い業者で30分、遅い業者で2営業日程です。

国内銀行送金の注意点

  • 銀行振込の際に手数料がかかる(108円~216円)
  • 出金は海外銀行送金扱いになる

少額とはいえ、国内送金は送金手数料がかかります。入金する際は入金額+振り込み手数料が口座にあることを確認してください。

ただ普段通り国内の銀行口座に振り込むだけなので、手数料はそれほど高くつきません。

金額にもよりますがだいたい108円~540円くらいです。詳しくはお手持ちの口座の振込手数料を確認してください。

 

また国内銀行送金での出金に対応している海外FXブローカーはありません。

国内銀行送金で入金した場合、出金は海外銀行送金になります。(※詳しくは後述しています。)

国内銀行送金対応の海外FXブローカー

ブローカーによっては「〇〇万円未満で~円」のように、業者側からも手数料をさっぴかれてしまうところもあります。

対応銀行 入金手数料
XM 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
無料(1万円以上の入金)
1,070円+入金額の0.005%(1万円未満)
AXIORY 三井住友銀行 無料(2万円以上の入金)
1500円(2万円未満)
TradersTrust 三井住友銀行 無料
LANDFX 三井住友銀行 無料(5万円以上)
1000円(5万円未満)
TitanFX 三井住友銀行 無料(5万円以上)
1000円(5万円未満)
FxPro 三井住友銀行 無料

③ビットコイン

2017年3月ごろから、各海外FXブローカーが足並みを揃えてビットコイン出入金に対応しました。

手続き完了後には遅くても1時間以内には出入金処理が反映されるスピード感、銀行送金よりも割安な手数料が特徴。

とくに手数料に関しては入金・出金とも徴収しない業者が多いので、ビットコイン決済側の手数料(入金・出金額の0.5%程度)しかかかりません。

今後長く海外FXで取引する方には是非とも利用していただきたい出入金方法です。

ビットコイン出入金の仕組み

ビットコインで入金した時の出金ルート

ビットコインウォレット(※)を経由して海外FX口座との間で資金をやり取りします。

※ビッドコインウォレット:購入したビッドコインを保管するためのインターネット上の財布のこと。

  1. ビットコインウォレットに登録
  2. ビットコインを購入する(日本円→ビットコインに換金)
  3. ビットコインを海外FX口座に入金(ビットコイン→口座通貨に両替)
  4. 海外FX口座からビットコインウォレットに出金(口座通貨→ビッドコインに両替)

ビットコイン出入金の注意点

  • ビットコインの相場が変われば、入金・出金額が変わる
  • 原則として出金できるのは入金した金額まで(※)

ビッドコインの価値はFX通貨や株と同じように、刻一刻と移り変わっていきます。

相場によっては「ビッドコイン→日本円」「日本円→ビッドコイン」の換金で損してしまう恐れがあるので気をつけてください。

またビッドコインはクレジットカードで入金した時と同じでく原則入金した金額までしか出金できません

ビットコイン出入金対応の海外FXブローカー

2017年4月11日現在でビットコインでの出入金に対応しているのは、

  • XM
  • TitanFX
  • Axiory

の3ブローカーです。

それぞれ手数料や着金スピードなどをまとめました。

Axioryだけはビットコイン入金額以上でもビットコインで出金できます。

手数料 着金スピード 備考
XM 無料/入金
無料/出金
1時間以内/入金
24時間以内/出金
 入金は毎月5000ドル上限
TitanFX 無料/入金
出金額の1%/出金
即座/入金
1時間以内/出金
 最低入金は2,000円~
AXIORY 無料/入金
無料(2万円以上)/出金
15分以内/入金
24時間以内/出金
出入金ともに限度額は1万ドル/日
※入金額以上の出金に対応

④海外銀行送金

国内銀行送金が一般的ではない時代に海外FXで頻繁に利用されていた入出金方法です。

  • 他の出入金方法と比べて手数料が高い(最低でも5000円以上)
  • 着金までに時間がかかる(早くても3営業日後)

このようにデメリットが大きいので、あえて海外銀行送金で入金することはないでしょう。

ただし後述するように「海外銀行送金で出金せざるをえない」という状況もあるので、出金に関しては要チェックです。

海外銀行送金の仕組み

海外銀行送金では国内銀行窓口からFX業者指定の海外銀行窓口にそのまま入金。出金は指定した口座に振り込まれます。

 

一般的に振り込みできるのは銀行窓口だけで、インターネットバンキング振り込みを通じた海外送金には対応していない業者がほとんど。

しかもゆうちょ銀行にいたっては対応すらしてないので、銀行が開いている平日9時~15時の間に来店しないと手続きできません。

【追記】海外銀行送金で出金する際の手数料・着金時間

海外銀行送金の出金ルートと手数料

後述していますが2016年10月から日本居住者がNetellerやskrillを通じて海外FX口座に出入金できなくなってしまいました

  • 国内銀行送金で入金した場合
  • クレジットカード・ビットコインで入金、入金額以上を出金する場合

この2パターンは海外送金で出金処理されることになるので、詳しく追記するに至った次第です。

海外送金での経路は以下の通り。

  1. 海外FXブローカーの口座→中継銀行の口座
  2. 中継銀行の口座→トレーダーの国内口座

手数料は3回ないし2回発生することになります。

  • 海外FXブローカーが送金する時(※)
  • 中継銀行で着金・送金処理する時(2500円~)
  • 国内銀行で資金を受け取る時(2500円~)

※手数料はFXブローカーによって異なり、業者が負担しているブローカーもある。
中継銀行・国内銀行での手数料はどこのブローカーでも必ず発生する

各海外FXブローカーの手数料・手続きまでの着金時間をまとめました。

手数料 着金スピード
XM 無料(業者負担) 2~5営業日
TitanFX 一律20AUD(約1700円) 3~5営業日
AXIORY 2万円以上無料
(2万円未満の場合一律1500円)
3~5営業日
iFOREX 2000円(※) 3~5営業日
LAND-FX 2000円 3~5営業日
FBS 2500円 15分~20分(最大48時間)
TradersTrust 2500円 3~5営業
FxPro 無料 1営業日

(※)10万円以上の出金なら月3回まで海外送金の手数料無料。

⑤電子マネー(電子決済サービス)

【追記】2016年9月をもちまして、代表的な電子マネーNetellerとSkrillが日本人向けサービスを停止しました。

電子マネーサービスとは入出金を専門とするネット上の銀行と考えてください。

【NETELLER】【Skrill(旧Moneybookers)】【PayPal※】などが有名。また複数のFX業者での入出金も電子マネー口座のみで可能になるので大変便利なサービスで特に海外で人気です。

※PayPalでの出入金ができる業者はFxProなどに限定されています。

電子マネーでの入出金の仕組み

下の図のように電子マネー口座に銀行送金、クレジット・デビットカード、ATMで入金しそこからFX業者へ入金する仕組み。出金は指定した口座に出金でき、電子マネー口座への出金もできます。

 

電子マネーでは銀行送金のように制限なく入金することが可能です。

電子マネー出入金の注意点

電子マネーでの入出金はクレジットカード同様FX業者に登録した「名前」と「メールアドレス」が電子マネーのものと一致しないとできません

複数のメールアドレスを使い分けている方も多いと思いますが電子マネーとFX業者に登録するものは統一する必要があります。

海外FXの出入金ルートを入金方法毎にまとめてみた

海外FXの出入金ルートは入金方法で左右されるので、最後に入金方法毎に出金がどうなるのかまとめてみました。

【クレジットカードで入金した場合】

  • (入金額まで)クレジットカードの返金処理で出金
  • (入金額以上)海外銀行送金で出金

【国内銀行送金で出金した場合】

全て海外銀行送金で出金

【ビットコインで入金した場合】

  • (入金額まで)ビットコインで出金
  • (入金額以上)海外銀行送金で出金(※)

※海外FXブローカーAxioryは入金額以上のビットコイン出金OK

【海外銀行送金で出金した場合】

海外銀行送金で出金

【電子マネーで入金した場合】

電子マネー口座に出金

出金に関しては4つの入金方法で海外銀行送金が絡んでくるので、海外FX業者を選ぶ上で海外銀行送金の手数料や処理スピードは無視できませんね。

ちなみに次の3ブローカーは業者側が銀行送金の手数料を徴収しないので、他の業者よりも割安で出金できます。


関連記事


海外FX業者総合口コミランキング


おすすめ記事

海外FX業者の目的別おすすめ7選!

海外FX業者の目的別おすすめ7選!ジャッジメント運営部が激論の果てに選んだ業者とは!?

ピックアップ記事

  1. supureddo

    2017.06.08

    海外FX業者スプレッドランキング!全16業者中、1番低スプレッド業者はここ!

    FX取引において取引コストにあたるのがスプレッド。 スプレッドが狭い業者で取引することで、取…
  2. FXDDのレビュー

    2015.10.09

    FXDDの評判・スプレッド・追証について独断と偏見で一刀両断!

    このページにたどり着いた方は少なからずFXDDという海外FX業者に興味を持ち、FXDDを口座開設の選…
  3. ichachkuchikomi.pngpre

    2015.09.11

    当サイトの海外FXブローカーの口コミが信頼できる根拠とは?!

    いくら海外FXの業者選びに「口コミ」が参考になるといっても、口コミ自体が質の低いものだったら意味があ…
single.php